Loading

こべべ作品

紅葉Momiji舞妓こべべ

紅葉柄の上着は元々は長襦袢だったものです。手書きを思わせる総柄の長襦袢は最近ではなかなか目にしなくなり、再び長襦袢として使うのにはもったいなく、こべべではあえて見せるよう上着として仕立てました。

若草色の中着は、地紋起こしの無地の羽織だったものです。帯は橙色の可愛らしく柔らかい印象の織りの帯を選び、御所車の色と同じ黒の帯締めを合わせることで統一感を出しました。この帯は昔の名古屋帯ですが、現在の名古屋帯は背には大きな柄、帯前には小さな柄が描かれているものが一般的ですが、こちらの帯は背の柄同様に帯前にもふんだんにが描かれています。昔は、名古屋帯でもとても豪華な装飾で美しいものが多いです。

布素材:すべて正絹
大きさ:高さ約 60cm

舞妓こべべのほかの作品

ほかのシリーズ