Loading

お知らせ・ブログ

2018年11月19日和ねりの日常

あなたのおウチにも実は着物があるかも!

こんにちは、こべべ情報担当のゆう子です。

秋もだいぶ深まり
クリスマスや年末年始の話題が
上がるようになってきました。


年末というと、大掃除!
わが家は毎年、毎シーズン、


「この展示会が終わったら片づけよう・・」

「この忙しい時期が終わったら大そうじしよう・・」


と言いつつも結局出来ず
何年も先送り状態^^;


でも!
そんな状況も何とか変えねば!
ということで、
先月から「毎日15分」というのを決め、
「ちょこっと掃除」を実践しています。


子育てしながら仕事もしながらでは
出来ない日ももちろんあります。


でもそれはそれでよし!
と思うようにし、絶対ではなく
できる日にできる分だけ
片付けや掃除をしようと決めました。
時には一気にやってしまう日もあったり。


今日はここだけはしておこう
と狭い範囲だけでも決めておくと、
それを毎日こなしていけば
年末には大掃除をしなくても
家中キレイな状態で
新年を迎えることができるはず


今のところちょっとずつ
快適な生活空間ができてきています。
この調子この調子^^


そしてこの「ちょこっと掃除」には
もうひとつの目的が。


住まい兼こべべアトリエも
構えているわが家では
こべべなどに使用する
大量の古布着物も整理しようと
考えています。


先日こんなお話を耳にしました。


「わが家には着物なんてないと思っていたけど、おばあちゃんに聞いてみると、あるわあるわ!こんなに沢山の着物をおばあちゃんが持ってたなんて全く知らなかったんです。」


実は着なくなった着物を
こちらのおばあちゃんは
大事に大事に
箪笥の奥にしまっていたんです。


もしかすると
そんな方がたくさんいるんじゃないかと
思いました。


おばあちゃんと一緒に住まれてる方、
おばあちゃんと離れて暮らしてる方も、
年末年始に帰省する際に
おばあちゃんと会う方が多いとか思います。


その時にぜひぜひ聞いてみてください!
「おばあちゃんって着物持ってるの?」
って^^


それをきっかけに
おばあちゃんも忘れかけてた自身の着物を
当時のことを想い出しながら
嬉しそうに話してくれると思います。


そしておばあちゃんの着物を
見て終わりではなく、
「着る」という選択肢を
もってもらえると嬉しいですね。
おばあちゃんもきっと喜ぶと思います。


着物は
丈が短かったり
お袖が短かったり
幅が狭くっても
自分のサイズにお直しをすれば
また着ることができます。


着物は
流行り廃りがなく、何世代にも渡り
受け継がれて着てゆけるものなんです。


まだ着ることのできる着物は
折角なのでお直しをして
どんどん着て楽しんでほしいなと思います。


あなたのお家にも
実は着物が沢山あるのかもしれません^^







お針屋和ねりではお直しも承っています。

▶︎おばあちゃんの着物、自分には小さいけど
これでもお直しできるのかな?

▶︎お直ししたいけど、大体いくらかかるんだろう?

まずはお気軽にご相談くださいね^^